ミノキシジルが効く

黄色の薬

アメリカで開発され、さまざまな国々で「育毛剤の傑作!」と称されているロゲイン。使いやすいスポイト付きの液体タイプで、頭皮に垂らしてマッサージするようにして浸透させる、それを毎日繰り返す……と、髪が生え、しっかり育ちます。
ロゲインの主成分となっているミノキシジルが、そのような働きをするのです。

薄毛になっている頭髪は、頭皮の環境が減退しているという感じになっています。
薄毛になることは、頭皮の環境が若いころのように溌溂とした髪を育てられない環境になってしまうことを意味しているのです。髪はせっかく生えても長く太くは育たず、貧弱なままどんどん抜けていきます。薄毛の状態はどんどん深刻化し、最終的には頭頂部のみがつるつるになってしまうこともあります。
具体的には、この状態は、頭皮の血行が著しく悪くなっていることが原因です。頭皮の血管が収縮してしまい、血液によって運ばれる栄養の量がガクンと減少します。その結果、頭皮は髪を育てるどころの状況ではなくなってしまうわけです。

ロゲインの主成分であるミノキシジルは、このような状況を改善する作用を持っています。
ロゲインを頭皮に垂らし、ミノキシジルを浸透させると、頭皮の血管は収縮状態から拡張状態へと変わり、血液の量が増加します。
血液の量が増加すると、栄養の量が増え、その結果、頭皮は再び髪をしっかり育てる環境へと戻るのです。
これが、ミノキシジルを含むロゲインによる薄毛治療なのです!